DDになりたい。

2007~嵐、2014~エイト、2016~えびを追っかけている社会人が、ネットをうろうろしているうちにDDになった方がオタク楽しそう!?と気づく。

各グループのわちゃわちゃ感

※あくまで個人的見解です。

 

嵐のわちゃわちゃ感

お客さんの目:意識している

嵐のすごいところは内輪だけの盛り上がりをしているようで、ちゃんとお客さんにも通じるエンターテイメントとして通用するわちゃわちゃしかしないところだと思う。といってもHOW’S~あたりの若いころの嵐はまだそこまで到達していないけれど、段々と外野の目を意識したわちゃわちゃをするようになって、売れるグループになるにつれて変化していっているのは綺麗な比例だと思いますね。

ビジネス仲良い、というか。といってもビジネスのために仲良くしているのではなく、仲が良いまでもビジネスになってる、というか。

だから嵐のわちゃわちゃは萌えられる。

 

エイトのわちゃわちゃ感

お客さんの目:意識していない

言葉遣いが普段普通な子でも、家族と電話するときとかに途端に口調が変わったりして、私の知らないA子ちゃんがいる…とびっくりしたことはありませんか。

つまりそれだけ家族っていうのは特別な共同体であるんだなぁ、入り込めないなぁと感じてしまうんですが、エイトのわちゃわちゃ感って他人の家族を見ているような気持ちになります。内輪すぎて入り込めないところがある。お客さんが置いてけぼり。

エイトは面白くて話上手、という外野評を良く聞きますが、観客を常に意識している嵐の方がトークスキルは断然上だと思ってます。(念のため断っときますが、私は嵐よりエイトのライブに行きたいジャニオタです)

 

かつんのわちゃわちゃ感

お客さんの目:意識していない

かつんのわちゃわちゃ感は男子校のソレに似ている、という意見を良く聞きますが、私は共学のスクールカースト上位の爆イケ男子の集団を眺めている気分になります。

自分のような喪女が絶対触れらないようなノリを、たまたま彼らがアイドルだった故に垣間見ることができたが、やっぱりこのノリの人とは住む世界が違うわ…。といささか距離を感じてしまうのは、かつんの顔面偏差値の高さが関係しているのかしら。

 

えびのわちゃわちゃ感

お客さんの目:意識している

お客さんの目をちゃんと意識しているから、特別変なことはやりませんよ、というような印象を受けます。えびのわちゃわちゃはとにかく空気が柔らかい。ずっと見ていたいような青春って感じか。敷居が低そうだから一瞬その輪に交じれるかも…と勘違いしそうになりますが、交じれないこともちゃんと知っていて、男の子の友情っていいなと陰で思うような切な羨ましい気持ちになるよネ…(笑うところです)

 

だれかNEWSとせくぞ教えて~!

 

こんなに余震が多い地震は初めて体験するので、ちょっと離れた地域に住みでも恐ろしいです。被災地の皆様の恐怖は計り知れないでしょう。一日も早い復興をお祈りします。自分もできることをします。